共同募金運動の再生を目指し、共同募金の果たすべき役割や抱える諸課題について情報を共有化し、共同募金運動のあり方やその方向性について理解を深め、効果的かつ実践的な運動の展開を図ることを目的として、8月3日(金)に県内市町共同募金委員会職員等を対象とした従事者研修会を実施しました。
 前半は、伊丹市社会福祉協議会の西川事務局長から、「伊丹市共同募金委員会における公募配分の取り組みについて」と題して、防災訓練等の「誰もが住みやすいまちづくり助成」や「さくらっこ食堂(こども食堂)」の事例などについてご講話いただきました。
 後半は「地域のニーズを踏まえた公募・助成のあり方とは」をテーマにグループ討議を行い、今後の取組みへの参考や全体の意識共有を図りながら、意見交換を行いました。

30年度従事者研修会 30年度従事者研修会2